{ラテン語のフレーズ}
 
ab imo pectore {心の奥底より}
 
ab intra {始まりは…いつも、気持ちから、内面から、わたしたちから}
 
ad astra {星のように、高いところへ}
 
ad meliora {よりよい方向へ、よりよい場所へ}
 
ad multos annos {末永い未来へ}
 
adde parvum parvo magnus acervus erit {小事を重ねる者こそが、大事を成す}
 
alis volat propris {自らの翼で羽ばたける…(女性のみ)}
 
amor est vitae essential {この愛情を抜きにしての人生は…考えられない}
 
annus mirabilis {素晴らしい年}
 
ars longa vita brevis {人生は儚いが、創造する世界は果てしなく広がる}
 
audaces fortuna invat {勇敢な者に、天は味方する}
 
audeamus {いっしょに挑んでいこう}
 
audere est facere {静より動を・・・成せば成るのだから}
 
beatus, qui prodest, quibus potest {ひとに尽くせ。運はまわりまわって自分へと戻るのだから}
 
cor ad cor loquitur {心と心の会話で…つながっている}
 
cor unum {ひとつの心で}
 
cura te ipsum {(私のためにも)ご自愛ください}
 
cura ui valeas {思いやる心とともに生きれば、すべて上手くいくでしょう}

de fideli {この誓いと共に}
 
dona nobis pacem {なによりも、平穏をのぞむ}
 
dum spiro, spero {呼吸が続く限り(生ある限り)諦めまい}
 
et facta est lux {そして…一筋のひかりが生まれた…}
 
ex aequo {この場所から…一緒に出発する…}
 
ex animo {心より}

faber est sua quisque fortuna {だれもが、幸運を自ら切り開く才能を持っている}

facta, non verba {無言実行…}
 
fortis et liber {強く、自由な}
 
fortiter et fideliter {勇気と信頼をたよりに…}

fiat lux {いま、光が生まれる}
 
fluctuat nec mergitur {波に揺られはせよ、その船はけして沈むことはない}

grandescunt Aucta Labore {懸命さが、すべてを前進させる…}
 
gutta cavat lapidem [non vi sed saepe cadendo] {水滴石をも穿つ}
 
hic abundant leones {(ライオンのような)強さと絆で満ちている…}
 
hic et nunc {今、ここで…この瞬間を大切に生きよう(明日に頼るのではなく)}
 
hortus in urbe {大都会という砂漠に浮かぶ…オアシスのような安らぎ}
 
in flore {枯れることのない花を咲かそう}
 
in manus tuas commendo spiritum meum {この魂を、あなたの手の中にあずける…}
 
in omnia paratus {起こりうる全てに備えよ(覚悟を決めて生きよ)}
 
libertas justitia veritas {自由、正義、真実}
 
luceat lux vestra {才能は開花する}
 
memento audere semper {いつどんなときも、挑みつづけよ}
 
memento mori {いつか死が訪れる運命にあることを忘れまい}
 
nil desperandum {never give up.}
 
nunc aut numquam {今成すか、永遠に行わないか}
 
omnia mea mecum porto {世のすべては魂によって作られており、この自分自身もまた、ひとつの魂のかたちでしかない}
 
omnia vincit amor {愛はすべてを征する}
 
opere et viritate {誠実さと、行動力と…}
 
optimum medicamentum quies est {平穏・平和こそが万薬}
 
orta recens quam pura nites {新しく昇り輝く太陽のような存在…}

pari passu {いつでも共に、この人生の階段を上ろう}
 
pax aeterna {永遠なる平和を}
 
pax et lux {平穏とひかり}
 
pax in terra {この大地に平穏を…}
 
per angusta ad augusta {困難を経て…栄光が訪れる…}
 
per mare per terram {海にいようと、陸にいようと…離れていても、いつも心はそばにある…}
 
pulvis et umbra sumus {皆いずれは灰と魂になる身、そこに優劣などあるだろうか}
 
qui audet vincit {動かずして何を得られよう}
 
rus in urbe {大都会の中でも…目を閉じれば、大自然を感じられるような存在…}

sapere aude {自らの信じる道を進もう}
 
seculo seculorum {ずっと、永遠に}
 
semper ad meliora {いつでも…よい方向に進んでいるのだから!}
 
semper fidelis {いかなるときも、この約束は揺るがない}
 
semper fortis {何があっても怯まない…}
 
semper liber {何者にもよらない}
 
si vales valeo {あなたのしあわせこそが、私のしあわせ}
 
sic infit {そして…物語は始まる…}
 
sine loco {今、どこにいるかなど、関係ない…}
 
spiritus mundi {海、空、木、鳥…それらすべてがこの世をかたちづくり、私たちはその一部でしかない
(この世界は、地球上に存在するあらゆるものによって平等に所有されている)}
 
splendor sine occasu {沈むことのないひかり…}
 
sub divo {いつも、曇りのない空の下にいる…}
 
totus tuus {身も心もすべて、あなたにささぐ}
 
tuebor {あなたを守る}
 
ut sementem feceris, ita metes {種が芽を出し、葉を伸ばし、花を咲かせ、実をつける。そう、収穫はいつも最後に訪れる。}
 
utraque unum {ふたりでひとつ}
 
vade mecum {一緒にいこう…ともに進もう…}
 
veritas, fides, sapientia {真実、信頼、知恵…}
 
vincit qui patitur {自らの意志を貫き通す者こそ征する}

vitum mirabilis {素晴らしい人生}
 
vi et animo {身も魂もすべて}

 {ラテン語の単語}

acer  {精気に満ちた}

beo  {(幸運に)守られて}

calleo  {気丈な}
 
decus  {自尊・良識}
 
educo  {自己実現・成長}

juvenis  {若さ}
 
magus  {神秘的な、不思議な力}
 
nitor  {(自分を)信じる}
 
obstino  {(あきらめず)進み続ける}

pace  {平和・平穏・休息}
 
quaero  {自己探求・模索}
 
quomodo  {必ず・絶対に}
 
recens  {新たな・新たに}
 
ubivis  {どこにいても(気持ちは)そこに}
 
veritas  {真実}