ローズカット・ダイヤは、原始的な研磨方法でカットされた、ダイヤモンド・ジュエリーの原点。
1700年代の、英国ジョージ王朝期に発明され、上流階級の間で、大流行しました。

やわらかい、その独特の光りは・・・
現代の主流である、ブリリエント・カットの、ギラギラとした強い輝きにはない、やさしさがあります。

その光りに魅せられて・・・
ローズカット・ダイヤのジュエリーは、アンティーク市場でも非常に人気があり、世界中に、たくさんのコレクターが存在します。

ローズカット・ダイヤの作品は、RUSTの作品の中でも、最高峰の位置づけです。
型に流し込んで量産する鋳造技術"キャスティング"は、いっさい用いずに・・・
プラチナを、板の状態から切り出し、叩いて丸めて溶接する、完全な手作業による職人技で製作されます。